スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回メバ充。大会結果。

250513-1.jpg

大変遅くなりましたが、
5月11日(土)に開かれました大会、
第2回メバ充。の結果報告です。

今大会は本来4月6日(土)に開かれる予定でしたが、
天候不良により5月11日(土)に延期しました。
といっても今回も晴天無風というわけにはいかず生憎の雨模様で、
春の嵐直撃で1ヶ月の延期も合わさって、
参加を表明してくださった方々の当日キャンセルも少なくありませんでした。
それでもと参加してくださった皆さんにはしてもしきれないほどの感謝を感じています。
本当にありがとうございました。

前日からの雨で海は濁り、
参加してくださった皆さんはきつい水潮を前にとても苦労したようです。

しかしそんな中でも皆さん、
日頃から鍛えてらっしゃる強靭な精神力をお持ちなんでしょう。
最後の最後まで粘っての検量といった方がほとんどで、
メバルに対する真摯な姿勢が痛いほど伝わってきました。
そして中には見事素晴らしい釣果を叩き出してくれた参加者もいました。
その中でもさらに優秀な今大会ベスト3をここで発表したいと思います。

第3位は、

250513-3.jpg

16.3cmと21.3cm計37.6cmと、
コンディションの悪い中しっかり2尾検量に持ち込んでくださった、
大西 公一朗さん~。
見事3位入賞の大西さん、
大会の最中に悲劇に見舞われました。
なんとスカリを波にさらわれたそうです。
その中にはすでに釣っていた良型が2匹と他1匹が入っていたと語られていました。
非常に悔やまれます。
流された3匹と持ち込み2匹は松帆での釣果だそうです。

第1回の大会でも他の参加者にちょっとしたアクシデントがありましたが、
今回は自然の驚異が参加者を襲いました。
ここにきてメバ充。に住まう魔物が本格的に牙を剥いた模様です。
来年度大会参加の際には十分に気をつけてください。

PS.中に3匹のメバルが入ったオレンジ色のスカリを見つけた方はエサピチまでご連絡ください~。

続いて第2位、

250513-5.jpg

22.4cmと22.6cm計45cmと申し分ない釣果を持ち込んでくださった、
第1回メバ充。チャンピオン、
森本 徹さん~。
前回優勝者ということもあって非常に悔しがっておりました。
大会前のコメントでは、
「もちろん優勝しか見えてません。」
と闘志をぎらぎらさせて語っていましたが、
今回は惜しくも2位でした。
帰り際には、
「次回は返り咲いて見せますっ。」
ともう目標を来年度に見据えているコメントを残されて帰られました。
その横顔はとても清清しく見えました。
持ち込み2匹は岩屋周辺の釣果だそうです。

それでは栄光の第1位の発表です。

250513-6.jpg

23.2cmと23.7cm計46.9cm。
のメガトン級のサイズを揃えて検量に持ち込んでこられた、
田中 陽治さん~。
話を聞けばこの日のために釣り場を温めておいたと語る用意周到ぶり。
その甲斐あって地元の強みを最大限引き出した釣果となったようです。
これには参加者全員が感嘆の声を上げました。
お見事の一言に尽きる釣果でした。
岩屋周辺での釣果だそうです。

250513-7.jpg

恒例となったどきどき抽選会も終わり、
名物淡路島産玉ねぎやツインパワーC2000HGS、
その他協賛品が当選された方々の手に嫁いでいきました。

そして無事何事も無く閉会式を迎えることができ、
終始至らぬところ多分にありましたが、
参加してくださった皆さんのお蔭で大会が成功することができました。
ありがとうございます。

250513-8.jpg

また来年もここでお会いしましょうっ。



スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。