スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果報告。

260429-1.jpg

こんばんわ。

遅ればせながら大会の結果発表と大会の様子をアップします。
大会当日は快晴ではあったものの強い南風が吹きすさぶ中始まりました。

260430-3.jpg

風速予報では南の6mとのことですが、
海辺ではそれ以上の風が吹いていました。

当然東浦側では白波が立ち誰もが西浦側、
松帆以南を選択せざるを得ない状況かと思われましたが、
結果から言いますと西浦側でも風が巻き、
風が吹いていないところは少なかったです。
それでも中には洲本まで行ってきたというツワモノもおられました。

そして時刻は検量開始時刻の21時30分を回り帰着者がぽつりぽつり。

260430-4.jpg

ほぼ全員の帰着札の回収をし、
検量終了時刻の22時30分を回ったので検量終了し店内にて結果発表の準備に取り掛かりました。
そして集計結果が出たところで皆さんに本部前に集まってもらい結果発表しました。

まずは、
釣りガールにとって紫外線は大敵
   「レディース賞」

260430-5.jpg

今回は紅一点、
高橋 暁子さんに贈らせていただきました。
毎年女性の方が参加してくれますが、
欲深く老若男女をターゲットにしている「メバ充。」にとっては、
メバル師の女性が参加してくれることは非常に嬉しいですね。
おめでとうございます。

続いて、
アクティブなあなたに
  「アクティブ賞」

この賞の基準はこの限られた時間の中でどれだけ遠くの釣り場に行けたかです。
この賞では2人の受賞者がおられまして、
エサピチのある岩屋から三原川河口まで行き、
そこから西浦を計5箇所回ったというキングオブアクティブのお2人、

260430-6.jpg

260430-7.jpg

大塚 智哉さんと田口 晋平さんに贈らせていただきました。
我々このお2人の素晴らしい行動力に脱帽でございます。
おめでとうございます。

さぁ次は結果にもろに影響してくるであろう、
「大物賞」の発表です。
これには、

260430-8.jpg

エサピチの常連さんでもある、
林 成樹さんが受賞されました。
同時に大会最高記録を樹立されました。
おめでとうございます。

それでは3位から順に発表させていただきます。

第3位の方は、
冒頭でも述べさせていただきました、
この強い南風の中無謀ともいえる洲本方面にて素晴らしい釣果を叩き出した、

260430-10.jpg

260430-18.jpg

太田 重人さんです。
1尾目25.2cm2尾目23.2cm合計48.4cmで第3位でした。
おめでとうございます。

特に目を引いたのは1尾目の25.2cmはきれいな赤メバルです。
太田さんの話によると、
この日は洲本方面の風裏ポイントで釣りをされたそうです。
見事3位ですが、
これで3位なのかと大会本部はざわつきましたよ。
なにせ25.2cmもこの日までは大会記録魚でしたから。

続きまして第2位、
この方は非常に安定してますね。
第2回メバ充。優勝者の、

260430-11.jpg

260430-19.jpg

田中 陽治さんです。
1尾目25.5cm2尾目23.3cm合計48.8cmで第2位でした。
おめでとうございます。

この日は西浦北部周辺で強風の中釣りをされたそうです。
1尾目の25.5cmも大会記録魚ですね。
第2位入賞と好成績でしたが連覇ならずで悔しそうな表情を浮かべられていました。

そして、
第3回疑似餌釣り勝負「メバ充。」にて、
非常にハイレベルな戦いの中で、
最も優れた釣果を叩き出し、
見事優勝されたのは、

260430-12.jpg

260430-20.jpg

林 成樹さんです。
1尾目27cm2尾目24.9cm合計51.9cmでした。
優勝おめでとうございます。

この日は松帆から江崎にかけての藻場にお住まいの魚を徹底的にいじめ抜いたそうです。
結果見事優勝と大物賞を掻っ攫っていきました。

そして、

260430-13.jpg

恒例の長ったらしい賞状を、
主に後ろの去年スカリごとメバルを流された青いパーカーの方にやいやい言われながら、
なんとか無事表彰式も終わりまして、

続きましてメバ充賞の授与式です。

260430-15.jpg

260430-14.jpg

260430-16.jpg

島外からわざわざお越しになられた方には、
参加費とは別に橋代も掛かると思いますので、
  「島外賞」
としてささやかですが、
新たまねぎを贈らせていただきました。

授賞式やじゃんけん大会も終わり、
宴もたけなわなので、
皆さんに集まってもらい、

260430-17.jpg

これも恒例の記念撮影。

皆さん本当にお疲れ様でした。

またお時間があれば、

非常に小さな催しなのですが、

来年もひとつよろしくお願いします。

260430-22.jpg

そしてまたひとつ優勝者の名前が刻まれました。
林さんらしいコメントですね。
ありがとうございます。





これはナイショの話なんですが、
参加者の誰より、

260430-21.jpg

主催側が一番楽しんでたりしますよ。
うはは。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。